【ヤメゴク】ヤメゴクとチェッカーズ

ドラマ『ヤメゴク』いろいろ小ネタが出てきたが、チェッカーズ関係の小ネタについてまとめておきたい。


【各話共通】
◯音楽担当が、バンド「fox capture plan」と、元チェッカーズの武内亨さん
◯三ヶ島の携帯の着メロ(水原も真似する)はチェッカーズの『I Love You, Sayonara』エンタミクス2015年6月号によると、北村さんもともとチェッカーズ好きで、それを知っていた堤監督がセットしたとのこと。
【第伍話】
・三ヶ島、携帯が着信して「チェッカーズや」と言う。
【第六話】
三ヶ島のセリフにチェッカーズの曲のタイトルからのフレーズが散在
・「確かにお前、心に傷がありそうなジュリアに傷心(ハートブレイク)みたいな」
・「おう、時のA-City。」チェッカーズの曲は『時のK-City』
・「睡眠薬ぎょうさん飲んで傷ついとんねん。ギザギザハートや。ギザギザハート」チェッカーズの曲は『ギザギザハートの子守唄』
・「おっと、素直にI’m Sorryや」
【第九話】
◯「お前ほんまにロンリーソルジャーやな」チェッカーズの曲は『Lonely Soldier』
◯橘勲が搬送された、玉丼病院の医師が、もとチェッカーズの藤井尚之さん。トレードマークのテナーサックスも登場する。
【第十話】
◯音楽担当の、武内享さんが「屋台のゲスト」として友情出演で出演。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。