【あまちゃん再検証】アキは久慈から東京までどれぐらいかけて行ったか【第73回】

第1回でやったことの反対である。
とは言え、問題は、アキが北三陸から乗ったのが臨時便であるということである。


まあ、宮古からは北鉄ではないので、時刻表通りに検証できるだろう。
アキが乗った臨時便は、8時30分北三陸発。ドラマでは8時00分発の宮古行きがある。
現実では、8時05分久慈発の宮古行きがある。
しかし!
この列車に接続する山田線の列車は、存在せず、次の山田線の列車は、久慈9時12分発の三陸鉄道北リアス線・JR山田線・三陸鉄道南リアス線直通の盛行きなのだ。
現実では、臨時便なんて出す必要がなかったわけである。
もっとも、ドラマのうえでは、北三陸8時00分発の宮古行きの次は10時10分発の宮古行きで、そもそも山田線や南三陸鉄道リアス線(ドラマ上の南リアス線の表現)に直通運転する列車は存在しない。
ともかく、宮古からはこの、山田線経由の盛行きの列車に乗ったものとして考える。
宮古(10:47発)-山田線-(12:02着)釜石(12:10発)-南リアス線-(13:01着)盛(13:17発)-大船渡線-(14:18着)気仙沼(14:33発)-気仙沼線・石巻線-(16:37着)小牛田(16:41発)-東北本線-(17:26着)仙台(17:43発)-MAXやまびこ126号-(19:50着)上野
または、仙石線を使うルートの場合、
気仙沼(14:33発)-気仙沼線-(16:18着)前谷地(16:44発)-石巻線-(17:13着)石巻(17:55発)-仙石線快速-(19:00着)仙台(19:26発)-はやて28号-(21:02着)上野
では、アキが上野に着いた時、真昼間だったのは何だったのだろうか。
シナリオでは、第73回で、アメ女の二人(高幡アリサ、成田りな)がアキと水口に「おはようございます」とあいさつしたときに、アキの「夜なのに…」というナレーションがあるが、カットされている。だからアキは、「おばんです」と挨拶しているのである。
しかしながら、上野到着時に19時50分だとしても、東京EDOシアターにたどり着いたとき、20時を回っていたはずである。13歳の高幡アリサ、もしかしたら15歳の成田りなも、就業規制時刻に入ってしまっているはずである。
そういう大人の事情?で、昼間の設定に変わったのだろうか。ということは、アキは上野で一泊したのだろうか?
だが、第74回、アキが東京EDOシアターを出て世田谷の正宗の家に行ったあと、春子がリアスから電話するシーンでは、大吉が「今朝の電車で行ったばかりだど」と言っているのだが。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。