【SPEC】『SPEC〜結〜』シナリオ、発売開始

6月20日、『シナリオ 劇場版SPEC〜結〜』が発売された。
文庫版と、Kindle版、電子書籍BOOK☆WALKER版Kobo版Kinoppy版honto 電子書籍ストア版電子書籍ストア BookLive!版iBooks Store版が発売された。
なお、TBS iShopでは、『SPEC/シナリオ本/3冊セット』として、『天』『零』『結』の文庫本を3冊セットで販売している。セットだからといって安くなるわけではないが。

『漸ノ篇』のシナリオと『爻ノ篇』のシナリオが1冊に収まっている。そのせいか、ページ数は文庫本で213ページまであり、『天』の178ページ、『零』の147ページと比べて大幅に増えている。
巻末には、植田博樹プロデューサーによるあとがきが記載されている。「西荻弓絵さんについて」と題した、文字通り脚本の西荻弓絵さんについての人物像が書かれている。
まぁ、読んでいただけたらと思うのだが、大正琴や弓道をやっているというのは、『SPEC〜翔〜』を思い出すなぁ、というのと、ずっと私が引っかかっていた「シュレディンガーの猫、ウケる」という当麻の最初の台詞は、西荻さん発信だというのを確信した。
(追記)
違いを検証した。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。