【ケイゾク】『ケイゾク』再放送:第2話『氷の死刑台』

もはや何回考察したか分からないが、『ケイゾク』再放送が始まったことでもあり、再度考察をまとめてみる。
今回は第2話についてである。
…の前に、やはり、Blu-rayってオリジナルより画質が向上してることを、改めて感じた。プレミア価格になってるのが、残念でならない。


今回は、『氷の死刑台』というタイトルがらみで、『ケイゾク/映画 Beautiful Dreamer』公開後に発売されたムック、『ケイゾク/雑誌』から、大月俊倫氏(元キングレコード専務取締役)と植田博樹プロデューサーの対談を取り上げてみる。

大月「1話もかなり好きだったんですけど、あの時はまだ、変わったのが始まったな、って感じなんです。実は、2話の『氷の死刑台』というタイトルで、TBSでやっていた『怪奇大作戦』を思い出しまして。私、岸田森フリークなんですけど、同じタイトルのエピソードがあるんですね。小学5、6年生の時に再放送で見て、とても感動したんです。(以下略)」
植田「まさか、そのタイトルで『ケイゾク』もこれは!と思ったんですか……。」
大月「新聞のTV欄で見たタイトルでまずキて、実際に見たら中身もまた『怪奇大作戦』だ!と思って。」
植田「え、そうでしたっけ?」
(中略)
大月「(略)企画を立てる時って、みんなで和気あいあいとやるってことはまずなくて、ひとりでクスッとか笑って作るものなんですけど、『ケイゾク』にはそういう〝クスッ〟が多かったですね。これは素晴らしいドラマだと、より多くの人に啓蒙せねばなるまい、と思わせるものが。それであっちこっちで、〝スゴイよ、第2話が『怪奇大作戦』と同じサブタイなんだ……〟と話していたんですけどね」
植田「やっぱり、ソコいきますか(笑)。あのタイトルは僕がつけたんですけど、『怪奇大作戦』は全然、意識してませんでしたね。原体験として残っていたのかなあ……。」
という経緯で最終的に、キングレコードが『ケイゾク/映画』に出資するようになったわけである。
ところで、面白いのが、植田さんが「『踊る』に出た人は全部はずしましょう」と言っているのだが、その直後に大月さんが桜金造さんの話をしていること。桜金造さんは、『踊る大捜査線』に出演している。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。