【ケイゾク】ケイゾク/映画「フェイク予告」TVer配信で完全復活!

個人的に興奮を隠せない。

ケイゾク/映画「フェイク予告」とはなんのことかと思う人もいるだろう。それについて説明する。

ドラマ『ケイゾク』が放送された時、最終回の後の時間に次回予告の枠を使って突如挿入された「ケイゾク/映画」の予告編。この時点で映画化が決まっていたわけでもなく、大騒ぎになったのだが、これは実は(フィクション)と書かれており、のちのち「フェイク予告」と呼ばれるようになった(?)。

『ケイゾク』が最初にパッケージ化されたVHSビデオでは、最終回のみならず全ての回において次回予告が削除されており、終わりのキャプションが挿入されていた。

次にDVD化された際は、冒頭の野々村係長と雅ちゃんの特典映像が挿入されたりはしたものの、本編部分はVHSと同じであり、ただ、別コンテンツとして「予告スポット」として次回予告に類似のものが挿入され、この中に「フェイク予告」が挿入された。

ただし、DVDで復活した「フェイク予告」は、編集ミスなのか、冒頭の部分が切れており、柴田のセリフがカットされてしまっている。

2013年に、『ケイゾク』のBlu-ray BOXが出た際も、構成そのものはDVDと変わらず、「フェイク予告」についても同様に冒頭が切れてしまっているものが入っていた。

ところが、今TVerで配信されている『ケイゾク』最終回については、本編の構造が本放送と同様になり、フェイク予告も切れていない形で挿入されている。

これがいつまで放送されているか分からないので、気になった方はぜひ再生されたい。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です