【SICK’S】新主人公木村文乃さんと松田翔太さんで4月1日配信開始【ピンチョス配信?】

ということで、SICK’S公式Twitterから情報解禁になった。
ホームページには新画像と本予告動画などもアップされているが、これから情報を更新していきたい。
(更新1)
『SICK’S』においては、「ピンチョス配信」という配信形態が取られると言う。スペイン料理のピンチョスのように、1分〜2分ほどのシーンを毎日配信し、1話が1ヶ月で完結し、完全パッケージは月末にお届けするという。ただし、毎日配信されるものでは笑いの落ちの部分やシーンの肝の部分がカットされており、完全パッケージとの違いを楽しむことができると言う。
第一話のサブタイトルはすでに公開されている。「一ヶ月毎日配信」ということなら、30エピソードとなりそうだが、16エピソード+週間まとめ2つの18エピソードしかないのはちょっと気になる。
以前、5話構成という話があったが、この方式で五ヶ月程度続けると言うことなのだろうか。


(更新2)
公式サイトのイントロダクションでは、上記のピンチョス配信のことのほか、主人公2人の詳細プロフィールや「特務(トクム)」のこと、御厨静琉を演じる木村文乃さんと高座宏世を演じる松田翔太さんのコメント、そしてメディアミックスのことについてもふれられている。
まず、御厨静琉(みくりやしずる、という読み方が公式になったのは、これが初めてかもしれない)は、「IQ230、ハーバード大学卒業の天才だが、精神的に不安定で自傷癖があり入院している。右目には眼帯をしていて、この眼帯を外さないよう医師から注意をされている。」ということで、私はドラマ『QUIZ』で財前直見さんが演じた桐子カヲルを連想したが、そんなことはどうでもいい。
そして、高座宏世は、「警視庁公安部の刑事だったがスペックホルダーが絡む事件がきっかけで公安部を追われることになる。正義感が強いがゆえに愚直すぎる一面もあり、周囲や組織になじめない時もある。」ということで、バディは警視庁公安部と縁があるわけだ。
内閣情報調査室特務事項専従係、通称「特務 (トクム)」は、警視庁(東京都の組織)ではなく国家機関であるということでか、物語も国家レベルの話になるということだ。
そして、メディアミックスということでは、一つは地上波との連動で、物語のなかで「ピーチ医者・植田もも子」を演じる、TBSの宇垣美里アナウンサーがTBSローカルの毎週月〜水の深夜3時 「カイモノラボ」 枠内で 「ピーチ医者植田もも子の SICK’S 大好き」 というミニコーナーを担当し、みどころを紹介する。
もう一つ、10数の登場人物アカウントが展開する、ということだが、今までここで取り上げてきたものを含めて分かっているアカウントは、御厨静琉(@sicks_mikuriya)、高座宏世(@sicks_takakura)、野々村光次郎(@sicks_nonomura)、雅(@sicks_miyabi)、一一十(@sicks_ito)、植田もも子(@sicks_momoko)といったところである。6人。最低でもあと
今日の発表は、各種ニュースサイトでも取り上げられたが、公式サイト以上の情報は見つけられなかったので、略す。一つだけ、TBS NEWSでは、動画形式でSICK’Sについて紹介されており、本予告とは違う映像が使われている。いつまでこのニュース記事が配信されているか知れないので、こちらも要チェックである。
TBS NEWSでは今日から「Paravi」の登録受付開始、ということになっているが、実際にはそれより前に登録できてしまっていた訳だが…

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。