【ケイゾク】現在も入手できる媒体

以前、過去に発売された作品類ということで紹介したが、『ケイゾク』関係の映像作品、書籍は、現在も中古品として入手する方法があるものが多い。それをまとめておく。
Blu-Ray Box
DVD
TBSオンデマンド(追記)
ノベライズ
解説本・研究本
台本
漫画
写真集
音楽
CD-ROM
【Blu-Ray BOX】

映像については、取りあえずこれを買えばOK、という感じである。ドラマについては、SD画像のものを、HDリマスターしたもの。特典の紹介はこちら。値段だけ見ると高く感じるかもしれないが、限定生産で、後に記載する台本の復刻版もついてくることを考えると、お買い得はないだろうか。
【DVD】



DVDは、1〜5巻に1〜10話が2話ずつ、6巻に11話と特典映像が入っている。特別篇と映画は1枚になっている。コンプリートBOXはその全てを1つのパッケージに収めている。
【TBSオンデマンド】
配信サービスのTBSオンデマンドでもケイゾクを見ることができる。ここではAmazonインスタントビデオを紹介するが、各種ビデオオンデマンドサービスで視聴可能。AmazonインスタントビデオではSD画像のみだ。iTunes Storeでは『映画』のHD画像版を見ることができる

【ノベライズ】

シーズン壱終了前に出たノベライズで、ドラマとはかなり違う。「〜完全版」の発売により絶版。

「特別篇」直前に発行。シーズン壱と特別篇のノベライズ、オリジナルサイドストーリーと小説のノベライズを含む。

「〜完全版」のシーズン壱の部分に、ケイゾク公式ホームページで連載された「野々村光太郎 弐係の最悪の日々谷シャンテーね」を含む。

単行本。

映画のノベライズと「ケイゾク/事件簿 完全版」に収録された「シーズン弐」の幻の企画書を含む。
【解説本・研究本】

初めて出版されたケイゾクの本。インタビューだけはちょっと貴重。

ビデオを見ないで「ビデオで確認した」とのたまう解説本。

発表から1年以上も発売されず、「幻の本」だったが、2001年の4月にようやく発売された。「公式事件ファイル」の内容を特別篇と映画に拡張し、加えて、新たなインタビュー、対談、そして「シーズン弐」の幻の企画書を含む。

出演者・スタッフへのインタビューや、映画解読対談、TVぴあに連載された「ケイゾク/連載」を含む、雑誌風の出版物。「特別篇」のDVDの特典映像で、醍醐雅ちゃんが読んでいるのが、これ。

唯一の非公式「ケイゾク」本。

「SPEC公式ライター」の木俣冬さんによる、ケイゾクとSPECを俯瞰する解説書。詳しくはこちら
【台本】

上に書いたとおり、Blu-Ray BOXにはこの2つの書籍がそのままついてくる。
【漫画】

『月刊少年エース』99年10月号〜2000年1月号に連載。内容は「特別篇」と同じ。

複数の漫画家によるオリジナル連作。
【写真集】

『ケイゾク/映画』とメイキングのスチール版。
【音楽】

主題歌のシングルCD。[Maxi]という表記が懐かしい。iTunes Storeでアルバム『MIKI』一曲として入手可能

シーズン壱のサウンドトラックだが、後半になって使われるようになった数曲が未収録。iTunes Storeでも入手可能

映画のサウンドトラック。シーズン壱のサントラに未収録の楽曲が収録されているほか、映画主題歌の『クロニック・ラヴ』のリミックス版が入っている。

ケイゾクのテーマ曲「CONTINUATION」のリミックス版を3トラック収録したシングルCD。
【CD-ROM】

Windows/MacintoshハイブリッドでCD-ROMが発売された。内容は、画面をクリックしていくと、番組で使用されたバソコン画像やタイトルバック、映画の予告編が見られるというもの。クリックする場所や順番によって、見られる内容が変わってくるので、とても使いづらい。
Windowsと言っても対応しているのはWindows95/98系列、MacintoshではClassic Mac OSの系列なので、現在のPCで動かすのは難しいだろう。

ディスカッションに参加

1件のコメント

  1. 私はParavi で見ているが、作品にリスペクトするなら円盤を購入すべきだと思う。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。