【あまちゃん】Blu-Ray版でカットされたシーン(第38回)

『あまちゃん』Blu-Ray BOX 1巻を手に入れた。
第1週から第8週、4枚組。
ブックレットには宮藤官九郎のコメント、登場人物紹介、あらすじ紹介、美術デザイン紹介、名場面写真、名台詞集。『潮騒のメモリー』と『南部ダイバー』の歌詞。使用した楽曲の一覧が回ごとにまとめられているのは便利だ。
さらに、アキとユイの「写真なのに生写真」3枚、「リアス」コースター、「あまちゃんの舞台を巡る」リーフレットが封入されている。
少しずつ見ていこうと思うのだが、一つだけ気になっていたこと。
この記事の真相だ。
松田聖子が第7週「おらのママに歴史あり」の第38話に抗議をした、というのだが、検証してみる。


春子「みーんな夢中だったのよ、聖子ちゃんには。何しろ歌がうまい! もちろんかわいい!ぶりっ子って言葉の語源は聖子ちゃんだからね。
松田聖子の『青い珊瑚礁』の映像が流れる。
春子(聖子の映像バックに)「かわい子ぶってるのに、同性に嫌われない。むしろ憧れの対象だったわけ
春子「新曲が出たらすぐに覚えてもちろん振りも覚えてさ…」
太字のセリフ(ぶりっ子〜)のくだりが、Blu-Rayではカットされている。
本当に松田聖子から抗議があったとすれば、恐ろしい話だ。
とりあえず、『ゴーストバスターズ』が使われていなかったらとんでもないことになっていたが、最悪の事態は回避されたようだ。
(追記)
NHKオンデマンドでは、「ぶりっこ〜」のくだりはそのままになっている。下世話な週刊誌の勘繰りは間違いだったらしいが、だったらBlu-Rayで変更になったのはなぜ?
(追記2)
Blu-Rayでは「ぶりっ子」のセリフがカットされている分、『青い珊瑚礁』の映像の始まるタイミングが早くなっている。しかしその分尺が短くなっているわけではなく、『青い珊瑚礁』の映像をその分だけ長く流して、全体の尺を調節している。
(追記3)
2015年5月21日時点で、NHKオンデマンドでも、「ぶりっこ〜」のくだりがカットされてしまった。ただし、字幕がそのまま残っているので、とても変な状態になっている。
(追記4)
2015年5月22日時点で、NHKオンデマンドで、修正されていなかった字幕がついに修正されてしまった。
いまさら気づいたのだけど、変更された部分で松田聖子の歌詞についてる「あ〜青い風」の部分で、映像と音声があっていないのだよね。

ディスカッションに参加

3件のコメント

  1. じぇじぇ!
    まさか本当にカットされるとは…

    この記事読んだときは、
    ぶりっ子とは言ってるものの、褒めてるのになあ
    と思って、カットはないだろうと…

    もし本当に抗議で消すことになったのなら、松田聖子ってちょっと自意識かjゲホゲホ
    というか器ちいsゴホゴホゴホ……

  2. 放送と違うところは看板、日付、ぶりっこ発言。
    オンデマンド版はそのままであることも加味すると
    小ネタの微調整じゃないかと思うな。

    聖子は良くも悪くも戦後マスコミにもっとも取り上げられた人物
    その中には明らかな間違いも多くあったがクレームをつけたのは5回(数え方によっては6回)のみ
    (大学のゼミで習ったので自分で確かめたわけではない)
    それらは家族がらみのことであったので自分のことで何かを
    申し立てたことはない。

    基本的に自分のやってることにしか興味が無いので
    他に何を言われてもスルーなのだとか。
    そういう人がこんなことで何か言うとは考えにくい
    もし言ったとすればどのような心境の変化があったのか
    非常に興味深い。

  3. 松田聖子本人からなのか、事務所からなのか、それとも別の要因なのか。
    真相は分かりませんね。
    NHKに問い合わせでもしたら、帰ってくるのでしょうか。
    「お答えできません」と言われてしまいそうな気もしますが。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。