【あまちゃん】Blu-Ray版で変更になった部分(第1回)(追記)

「あまちゃん」第1回のBlu-Rayを見た。
オンエア版と違っている箇所があるのに気づいて、びっくりした。
まず一つは、観光協会の建物に利用された「駅前デパート」の「SON」の看板が、Blu-Ray版では消されていたこと。
もう一つは、仙台から北三陸までの移動ルートを紹介するセリフ。
オンエア版では、
「東京から北三陸へ行くには、新幹線とバスを利用するのが一般的です。
北三陸鉄道を使う場合、
仙台で石巻線に乗り換え、
石巻で気仙沼線に乗り換え、
気仙沼で大船渡線に乗り換え、
盛で南三陸リアス線に乗り換え、
釜石で山田線に乗り換え、
宮古で北三陸リアス線 通称北鉄に乗り換えて…。
要するに、すごく面倒くさい。」
Blu-Ray版では、
「東京から北三陸へ行くには、新幹線とバスを利用するのが一般的です。
北三陸鉄道を使う場合、」
までは同じだが、その後、
「仙台で仙石線に乗り換え、
石巻線気仙沼線を乗り継ぎ、
気仙沼で大船渡線に乗り換え、
盛で南三陸リアス線に乗り換え、
釜石で山田線に乗り換え、
宮古で北三陸リアス線 通称北鉄に乗り換えて…。
要するに、すごく面倒くさい。」
となっている。
鉄道マニアからの突っ込みがあったのだろうか。


(追記)
台本では、次の通りになっている。
「東京から北三陸へ行くには、新幹線で盛岡まで行きバスに乗るコースが一般的です。
北三陸鉄道を使う場合、
仙台で仙石線に乗り換え、
石巻線、気仙沼線を乗り継ぎ、
気仙沼で大船渡線に乗り換え、
盛で南三陸リアス線に乗り換え、
釜石で山田線に乗り換え、
宮古で北三陸リアス線、通称北鉄に乗り換えて……
要するにすごくめんどくさい。
時間もかかる。だからこそ、このルートを使うと『わざわざ来た感』が出ます
一部カットされた部分があるが、Blu-Ray版が台本に準拠していることが分かる。とすると、オンエア版で変更になったのは、鉄拳のアニメーションに仙石線が書ききれなかったということなのだろうか。
ちなみに、シーン名は「東日本の地図(アニメーション?)」となっている。まだアニメーションを使うことが確定してなかったのだろう。
(追記2)
NHKオンデマンド版では、Blu-Ray版と同じである。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。