SPEC 〜天〜零(プレリュード)ネタバレ(その2)

現在発売中のヤングエース3月号で、引き続き「SPEC〜天〜零(プレリュード)」の連載が続いている。
巻頭には「SPEC〜翔〜」と「SPEC〜天〜」の情報も若干載っている。
今回のストーリーであるが…
(以下ネタバレ)


・「この世界の王」と宣言するにのまえの前に、妖艶な美女、マダム陽(ヤン)が現れる。
・マダム陽はにのまえの前にひざまずき、「あなたはいずれ王となられる御方」と言う。
・一方、当麻と野々村は殺害現場を洗っていた。
・柴田がやっていたように、死体と同じ格好で地面に寝る当麻。
・第一被害者は、駅から自宅マンションに向かう途中になぜか公演に立ち寄り殺害される。殺害時の表情も真似る当麻。
・第3の被害者は、いつも利用している高級デパートのトイレのなかで発見される。トイレで寝る当麻。
・第5の被害者は仕事の打ち合わせでよく使うホテルの駐車場にて殺害される。
・当麻は命を狙われている事に気づき要人を重ねた被害者が土地勘のある場所で犯人にひょいと近づかれあっさり暗殺されるところに引っかかりを感じる。
・そんな当麻たちの捜査を見守っていた、にのまえと地居。
・当麻の記憶がないにのまえの記憶を書き換え、両親を殺した爆弾魔だという偽の記憶を与える地居。
・そんな当麻を「殺す」というにのまえ。記憶を書き換えすぎたと後悔する地居だが、にのまえは行動に出る。時間を止め、当麻と野々村が載っているタクシーに細工を仕掛け、暴走させる。
・当麻が左手を伸ばして床に手を伸ばそうとするが届かない。当麻の左手には何かSPECが?
・小ネタ。雅ちゃんが11代目までいる事が判明。
・小ネタその2。早見優のヒット曲、「夏色のナンシー」
・ガソリンスタンドに突っ込もうとするタクシーのまえに現れるドレッドヘアの黒人女。左手でタクシーを止めてしまう。
・「あんたらしくもない、油断したねえ」という女に、当麻は「ナンシー!!」と抱きつく。
今回は1話掲載という事で分量が少ないが、『天』に登場するマダム陽、そして、以前から言及されていたナンシーというニューキャラクターの登場があった。ナンシーは以前触れられていた「アメリカからの使者」なのだろうか?当麻とにのまえの初の戦い、とは言え、当麻はにのまえに一方的にやられっぱなしだったという印象だ。
なお、次号ではマンガの作画の了春刀氏のブログによると一挙2話掲載とのことだ。
巻頭の「SPEC〜翔〜」と「SPEC〜天〜」の情報では、新しい情報としては「翔」のゲストキャラ、北村一輝氏と谷村美月嬢の役名のフルネームが初めて(おそらく)公式に明らかになったこと。北村氏は「吉川州」(吉は土+口)、谷村嬢は「久遠望」。名前に天体(土星、月)が入っているのでSPEC HOLDERか?北村氏はわざわざ「吉」じゃなくて「土+口」にしているところに意図を感じる。
また、「天」では予告動画でだいたい分かっていた事だが未詳の捜査していたミイラ死体殺人事件が日本の公安警察が総力を挙げる事態に発展するとのこと。そして、死んだはずのにのまえが、という語句が「翔」ではなく「天」の紹介に出てくるという事は、「翔」にはにのまえは出演しないという事だろうか?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。