【捜査一課弐係】『未解決の女』は『ケイゾク』のパクり?【特命捜査対策室第6係】

本日から『未解決の女』のシーズン2が始まる。
以前にも書いたのだが、このドラマ、設定が『ケイゾク』に似ている。
再掲する。
未解決事件の文書捜査をする、いわゆる「倉庫番」と呼ばれる警視庁捜査一課特命捜査対策室第6係を舞台としたドラマだ。
この、特命捜査対策室という部署は未解決事件の継続捜査をする実在の部署で、殺人事件の公訴時効が廃止されたことから設置されたもので、それまでは『ケイゾク』で言うところの捜査一課弐係と同じく、捜査一課のなかの一つの係に過ぎなかった。
実際には、特命捜査対策室のなかに第1係から第4係までが存在するようで、第6係とは架空の部署である。
しかしながら、この「6係」の地下に降りていく感じといい、文書倉庫のような部署の感じといい、係長のキャラクターや事あるごとに主人公のお守りをさせられる刑事といい、5時15分で業務終了というところといい、『ケイゾク』の捜査一課弐係を思い起こす。
メイン二人の「熱血バカ」・矢代朋と「倉庫番の魔女」・鳴海理沙というのは柴田と真山にはあんまり似てないのだが、原作の小説『警視庁文書捜査官』では、矢代朋は矢代朋彦という男性で、男女ペアで女性の方が謎解きをするというのはあまりにもケイゾクに似すぎているから、女女ペアにしたのではないかと疑っている。
「パクリかどうか調べたけどよく分かりませんでした」というブログ記事もあるけれど、この記事では「パクり」とまでも言わなくても「設定を借りてきた」と言っておく。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。