【SICK’S】『SICK’S 厩乃抄』最終回へ向けての謎(ネタバレ)

『SICK’S 厩乃抄』も次回で最終回となった。
しかしながら、解決されていない謎が山積している。それをまとめてみる。

【解決しそうな謎、解決が予告されている謎】
・野々村光太郎、近藤昭男の出演
公式サイトの「キャスト&スタッフ」の欄には、「近藤昭男:徳井優」と「野々村光太郎:竜雷太」の記載がある。
どちらも、「覇乃抄」までで亡くなってしまったキャラクターであるが、わざわざキャストとして掲載されているということは、何らかの形で出演するということが予想される。しかし、野々村光太郎については、「覇乃抄」のキャストとしても掲載されながら、結局(回想のかたちでも)出演しなかった実績はある。
・黒と白の一(ニノマエイト)が出てくる理由
PlusParaviのインタビューで、木村文乃さんが、明らかになるようなことを言われている。第拾参話である程度わかったが、100%分かったとは言えない。特に、白いニノマエイトについては謎が多い。
・『ケイゾク』ないし『SPEC』からの登場人物の死?
同じインタビューで、木村さんが、「私たちは愛されてきた方たちとのお別れが待っているんです」と言っている。それが誰たちを指すのかは、最終回を見てみないと分からないと思うが。
【解決するかどうか分からない謎】
・ニノマエイトのSPEC


>さて、ニノマエイトはどうしてその2つの能力を持っているのだろうか。また、白いニノマエイトはそのSPECを持っているのだろうか
・瀬文と当麻はどうなっている?
>『SICK’S 覇乃抄』のノベライズでは、当麻は瀬文に●●され、瀬文は●のなかで●●と書かれているのだが、第拾四話で御厨が、瀬文と当麻のことを、「野々村兄係長と、『私が一番尊敬している二人の』戦友たち」と現在形で語った。
・●●●ー
>予告編には●●●ーらしい姿が登場していたが、いまだに本編に出てこない。これはどういうふうになるのだろうか。
・厩乃抄のラストとは
>上に書いたPlusParaviのインタビューで、木村さんは「あれ、これって『恕乃抄』のオープニングに繋がるのかなって(笑)」と言い、松田さんは「ただ、最後に・・・これ、言っちゃっていいのかな? タイトルの後にまた『継続』って文字が出るんです。と言っているので、直で『恕乃抄』のオープニングに繋がるわけでもなく、続きを示唆させるような終わりでもあり、一応の完結にはなっているということか。
【解決しそうにない謎】
・長谷部秘書官とニノマエイトはどうやって手を組むに至ったのか。
・ニノマエイトはどうしてあの少女の姿をしているのか。
・ニノマエイトと『サトリの恋』で言葉が出てきた「ニノマエプロジェクト」はどんな関係だったのか…
・ニノマエイトが御厨静琉に「注射」をしたのはなぜか。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。