【SICKS】ニノマエイト(一一十)とニノマエジュウイチ(一十一)の関係【SPEC】

タイトルの通り、同じ「ニノマエ」であるニノマエイトとニノマエジュウイチの関連について整理してみる。
ほとんど、SPECサーガ黎明篇『サトリの恋』〜リ〜の復習にはなるが。


国会議事堂前でのニノマエイトのセリフより。
ニノマエイト「109の失敗作は、皆殺し。110番目の奇跡。やっと神様の許可が出た」
上野駅近くの某所での野々村と近藤の会話より。
野々村「開発コードネームニノマエ」
近藤「ニノマエ?」
野々村「うん。SPECを持つ人々を一種の兵器として開発、利用するプロジェクトのことだ。スネイル(Snail)石油で知られているカーネルギルドが、莫大な資本を投入しているらしい」
ここで取り上げられた「Snail石油」は、『SPEC 零』に登場し、一十一と地居はその元で動いていた(「カーネルギルド」は漫画版の『SPEC 零』には名前が出て来ているが、ドラマでは「某石油系メジャー」と呼ばれている)。
そして、ニノマエイトが「110番目の奇跡」と言っているということをあわせると、一一十とは、数字の「110(ひゃくじゅう)」を意味し、「ニノマエプロジェクトの110番目の作品」である、ということになる。
そうすると、一十一とは、数字の「111(ひゃくじゅういち)」を意味し、ニノマエプロジェクトの111番目の作品である、ということになる。
つまり、ニノマエイトは、ニノマエジュウイチに先行する個体である、ということが分かる。
そうだとすると、ニノマエジュウイチにも「当麻陽太」という本来の人格が存在したように、ニノマエイトにも本来の人格が存在する、ということになるだろうか。
さて、そうなってくると、ニノマエジュウイチの「母親」の役であった「一二三(ニノマエフミ)」もまた、ニノマエプロジェクトの123番目の作品なのだろうか、とか、地居聖はSPECホルダーとしてSnail石油の元で動いていたが、ニノマエプロジェクトとは関係ないのだろうか、といった疑問も生じてくる。
それはともかく、こういう『SICK’S』と『SPEC』を結ぶ糸が、スピンオフである『サトリの恋』に出てくるところは、さすがというところである。

ディスカッションに参加

1件のコメント

  1. ニノマエフミは、
    「連続不審死事件の被害者のひとりの妻」であってニノマエジュウイチの仮の母親ですよね?
    全く関係ない気がします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。