【SPEC】『サトリの恋』が『SPEC零』の2年前とは【サトリの恋】

「SPECサーガ黎明篇『サトリの恋』」は、植田プロデューサーのコメントによると、「時系列としては『SPEC 零』より、2年位前のお話です。未詳の初期。」と言っており、人物相関図でも野々村光太郎は「警視庁公安部公安第五係(ママ)未詳事件特別対策係の係長」となっているが、『SPEC 零』の描写と不整合でないかという思われるのである。


それは、『SPEC 零』前半の、公安部長室前での野々村光太郎と近藤昭男の会話である。
このシーンは、「2009年」とテロップが出た直後のシーンであり、2009年であると分かる。
で、会話というのがこれである。

野々村「ええ、お偉いさんに突然呼ばれてさ、やれやれだよ」
近藤「未詳ですね。野々村元係長待遇にしか勤まらない仕事だと、僕も思います。柴田くんも考え抜いての人選ですよ」

もし、『サトリの恋』が『SPEC 零』より2年くらい前だとしたら、2009年の時点で野々村係長は未詳の係長になっていなければおかしいのだが、引用部分は、未詳の係長にこれからなる前提のやりとりではないかと思うのだ。
また、『SPEC公式解体新書』『SPEC全記録集』などでも、未詳は2009年に設立されたことになっている。
書籍などの設定だけの話なら、無視すればいいのだが、映像上の矛盾は看過することはできない。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。