『あれから11年』から7年経つが、うん、まだブログやってる

いまからおよそ7年前、『SPEC』というドラマがあった。視聴率こそ(略)映画化されるなど、コアなファン層をつかんだ。
そのコアなファン層の一人?として、小ネタ探しやストーリーの深読みを「あれから11年」というタイトルで始めたのが、このブログ「ケイゾクなるままに@ココログ シーズン弐」である。
そのブログ開設の日が2010年10月7日、つまり7年前の今日である。
そして、7年前の明日が、ドラマ『SPEC』第1話の放送日である。
『劇場版SPEC〜結〜爻ノ篇』から考えても4年近く経っており、ブログの最初にも、(気づいていない人がほとんどだろう)『SPEC 全記録集』にも書いた「SPECが、ケイゾクの積み残したテーマを消化して、ケイゾクを終わらせられるのか、見守りたい」という目的も果たした今、よく続けられたものだ。
『SPEC』が始まった当初は、「Ζケイゾク」という表記をしているとおり、ガンダムに対するZガンダムのように、アムロやシャアならぬ柴田や真山の登場…とまでは行かなくても、何らかの活躍の痕跡が見られるのではないかと思っていたが、その期待は、私の不用意な発言で映像化された『SPEC 零』で見事に裏切られた。放送の翌日、「植田」と書かれた藁人形をこさえて、裏山に五寸釘を打ちに行ったものである(嘘です)もとい、「映像化されていないことは現実ではない」の法則で、そのセリフに目をつぶったのだった。
今は、「re?」と称して、『ケイゾクサーガ最終章』ないし『ケイゾクサーガ完結編』らしきものの影を追いかけるばかりである。というか、それが姿を表すのを目撃できるのだろうか。
そんなわけで、またダラダラと、少なくとも300万PV行くまではブログを続けていきたいと思う(ハードルが低い)。それまで、できれば、関係ない話題は書かないで済むくらい、ネタに事欠かない状態が続くことを期待したい。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。