【あまちゃん再検証】2015年の仙台から久慈への行き方【ドラマ関係ないよ】

もはやここまでくると、ドラマ『あまちゃん』の検証もありゃしないじゃん、という感じだが、2015年3月14日現在、仙台から久慈までの行き方を検証してみる。


ソースとしては2015年JTB時刻表を使い、山田線の代行バス区間は岩手県交通と岩手県北バスのサイトを参照にするが、バスの時刻が平成26年12月26日改正なので、果たしてこの通り行き着けるかどうか分からない(笑)
さて、第1話の夏のナレーション風に仙台から久慈への現場での行き方を説明すると、
仙台から東北本線に乗り、小牛田(こごた)で石巻線に乗り換え、前谷地(まえやち)で気仙沼線に乗り換え、柳津(やないづ)で気仙沼線BRTに乗り換え、気仙沼で大船渡線BRTに乗り換え、盛で三陸鉄道南リアス線に乗り換え、釜石で岩手県交通に乗り換え、道の駅やまだで岩手県北バスに乗り換え、宮古で三陸鉄道北リアス線に乗り換え、わざわざやってきたのです。
となる。いやはや疲れる。
で、実際の行程がこうなる。
仙台(7:47発)-東北本線-(8:32着)小牛田(8:41発)-石巻線-(8:57着)前谷地(9:01発)-(9:24着)柳津(9:39発)-気仙沼線BRT-(11:35着)気仙沼(11:58発)-大船渡線BRT-(13:20着)盛(13:40発)-三陸鉄道南リアス線-(14:31着)釜石(16:06発)-岩手県交通-(16:54着)道の駅やまだ(17:21発)-岩手県北バス-(18:24)宮古(19:34)-三陸鉄道北リアス線-(21:06)久慈
これが、唯一の行程である。BRTの時間が狂って気仙沼や盛に延着したらおしまいである。
東京から行こうと思っても、定期列車では東京発6時4分のやまびこ41号が8時00分着なので、間に合わない。臨時列車の、東京発6時00分発のはやぶさ61号を使って、7時32分に到着して、辛うじて乗り換えることができるが、この列車、運転日数は非常に少ない。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。