【1日遅れ】『ケイゾク/映画 Beautiful Dreamer』から15年

さて、すっかり忘れていたが、昨日、2015年3月4日は、2000年3月4日に『ケイゾク/映画 Beautiful Dreamer』が公開されてから15年という、記念すべき日だ。
「賛否両論」とかいう声もあるだろうが、正直、1999年3月19日の連ドラ最終回から、1999年12月24日の特別篇、そして2000年3月4日の映画公開までの約半年間というのは、ファンにとっても、おそらくスタッフにとっても特別な熱狂を体験した期間であり、映画はその特別な熱狂が一気に発散した集大成だと思う。
だから、当時を体験した人が見る『ケイゾク/映画 Beautiful Dreamer』と、そうでない人が見る『ケイゾク/映画 Beautiful Dreamer』は、別物だと思う。
そういう「特別な熱狂」を持って見た映画として、私にとって『ケイゾク/映画 Beautiful Dreamer』は思い出深い存在なのだ
あれから15年、そこまで「特別な熱狂」を体験するようなドラマ、映画はなかった。
いまはスタッフの多くが『ヤメゴク』に入っている時期であるが、自分はだからこそ敢えて、『ケイゾク』の真の続編「第三章」を、『SPEC』がお茶を濁した「アサクラ」との最終決戦を見てみたいのだ。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。