【IWGP】池袋ウエストゲートパークを振り返る ゴリラの回【第5話】

さて、池袋ウエストゲートパークを振り返る記事、第5話『ゴリラの回』である。


・ヒカルの部屋に大量に置かれるコケシ。ヒカルはストーカーに狙われていると言うが、実は…「お前絶対それ自分でねぼけてやったんだよ」というマコト。実は…
・西口公園。「好きって何だよ」と小学生みたいな会話をしているところに、貝山祥子が現れる。男になりたいと思っていた女の子だが、性転換手術をして男になった。「俺のことはショーと読んでくれ。哀川翔の翔だ。祥子なんて名前は豚に食われろだな」「ジェームスディーンみたいな女の子じゃん」
・「ストーカーを捕まえてほしい」というショー。断ろうとするが、マサに「ヒカルを助けないとな」と言われてやる気になる。
・のぞき部屋サイトを運営しているショー。マコトとショーが座っている手前の席では、合コン?
・ねずみ講の幹部に昇格し、パートを募集するマコトの母。ヒカルが「パソコン教えてあげよっか?」と言うが、断る。
・上半身裸でパソコンのセッティングをするマコト。http://www.yoiseisan.ogi.co.jp←当然見つからなかった(笑)「マコトークリック!」
・サイトの女の子。なぜか「ターニャ」というロシア人の子もいる。
・Shockwaveで作られているらしい。ストーカーに狙われているというアスミの部屋を見ると、「ナンバーワンが腹筋かよ」○○○ーのスタンバイでティッシュを取り出しズボンを脱ぐマコト(笑)そこに電話がかかってくる。「アスミです」なぜか敬語になるマコト
・アスミの部屋に行くマコト。早速ショーから電話がかかってくる。「誰が部屋に入っていいって言った」アスミの部屋を見ていたわけだ、ショー。
・ストーカー佐藤司、演じるのは村杉蝉之介。
・そのころヒカルもイタ電を受けていた。そしてドアのベルが鳴る。
・電波くんが司の手紙を読むと、「怖さ倍増」そしてシュンはアスミの部屋のサイトにはまる。
・ヒカルがドアベルを鳴らした相手をこけしで殴ると、マサだった。キングが現れ、「今日から、Gボーイズがあなたのお宅をがっちりガードするだっちゃ」「惚れないで」とナルシストっぽいセリフ。
・ストーキング行為をする司を盗撮する電波くん。「相合い傘」の貼り紙をする司(笑)近すぎる電波くん(笑)「怪しいのはお互い様なんですから」
・アスミと一緒に司と喫茶店で対決するマコト。司「(マコトに向かって)君は一体(店員に)ブレンド(マコトに)何者なんだ」
・「保険のため」用意しておいたストーカーの証拠が入った封筒を会社と家族に投函してしまうアスミ。スキップして歩いて行く。スキップしてついていくマコト。
・報酬を求めるマコトに対して、マコトをおさわりバーに連れて行くショー。例の「ゴーリラゴリラ、ウホホ、ウホホ」というのは堤監督が考えたらしい。
・夜中に目覚めるヒカル。なんと、ヒカルの部屋に監視カメラが設置され、Webサイトが設置されている。
・キングの実家でゲームをやっているマコト。キングが現れ、部下が体を探る。キング「ボディチェーック」しかし、「脱いで中(風呂)入んな」マコト「(ボディチェックの)意味ねえじゃん」
・横山「こないだGボーイズ追放されたやつがいたでしょ。犬みたいな名前の」「犬、犬…ペキニース?すいません。ドーベルマンです」
・吉岡と浜口、マコトを警察にリクルートすると真島家を訪れるのだが、リツコの奇妙な器具を試される。吉岡「浜口、帰れ。空気を読め」浜口「空気を読んだ上でここにいるんじゃないですか。先輩一人じゃ、売りつけられます」吉岡「俺にも、チャンスくれよ」浜口の腿に拳銃を突きつける吉岡。吉岡「その辺、ぐるっと走ってこいや」
・外。横山が歩いて来て、走って来た浜口とすれ違う。横山「おう、浜口君」浜口、ぐるっとひとまわり、のジェスチャーをして走って行く。
・吉岡、健康器具(ゴーグル)をつけたまま「あー、すっかり優しい気分になりました。なんか、リラックスしすぎて、眠たくなって来たなあ。帰るの、面倒くさいな。泊まってっちゃおうかな、といい、手の先のほうにある手を(リツコだと思って)つかむと、横山だった。
・横山・吉岡・浜口でマコトを警察に勧誘する。そして、「接待」というと、またおさわりバーだった。
・二日酔いのマコトが家から出ると、パート募集の貼り紙を見た松井加奈登場。原作では第1巻の最終エピソードで登場するだけなのだが、少し登場機会が多い。
・西口公園でキングとヒカルが話すシリアスな場面なのだが、噴水と戯れるジェシーにどうしても目が行ってしまう。
・司の逆襲。ネタ的には、警察への通報が殺到して、吉岡「うちはチケットぴあか?」
・ショー、司に私刑か、の局面で唐突にマコトに「ビーエム返して」と言う横山。
・こけしに「ひかるはまことのかのじょ」これ、伏線でもある。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。