【SPEC】『SPEC〜零〜』映像とシナリオの違い

『劇場版SPEC〜天〜』映像とシナリオの違いに引き続き、『シナリオ SPEC〜零〜』が発売されたことから、シナリオと映像の比較をするという無謀な企画を再び行う。
発売されたシナリオには、文庫本と電子書籍版があるが、まことに申し訳ないがこの記事は文庫本にそって解説したい。
まず、文庫本のページ数をP○○で記載し、各ページの空行や「× × ×」を除いた行を、1から順に記す。状況に応じて、P○○L△△、という表現で、○○ページの△△行目、といった記載もする。
そして、変更や追加、削除を、→変更、→追加、→削除、と記載する。
放送版とディレクターズカット版があるので、放送版でのみ削除されている場合、→O削除、ディレクターズカット版で追加されている場合、→D追加、というふうに、O(放送版)、D(ディレクターズカット版)で区別する。
ひとつの行のなかに放送版とディレクターズカット版の違いが混在している場合、ディレクターズカット版の部分を※で囲う。
細かいニュアンスの違いについては、SPEC 零 小ネタ&突っ込み&放送版とBD/DVD版の違い(全)を参照されたい。


P9
1の前→O追加 戸田恵梨香、加瀬亮の挨拶
6〜7→変更 爆発炎上する飛行機
10〜P10L1→「今から丁度10年前、」O削除
P10
2〜4→炎上する飛行機が、一瞬、空で停止する。が、間もなく再び動き出し、飛び去っていく
7→追加
藤井「※この新しい記号Lを使って上の公式を書き換えるとL(fg)=L(f)+L(g)になる。これは積が和に変わるっちゅうことだから※…ちゅうことだから、実はこれ対数の公式と同じ形だ。だから上のL(h)はhの対数微分と呼ばれている。※直接対数の微分を使ってこのようにかけることが分かっている※
8→追加
藤井「じゃあ、本当にそうなっているかどうか、お前ら自分で計算してこの公式確かめろ」
11→「死んでしまったか?」O削除
P11
10〜12→O削除
14→追加「♪なんでだろう、なんでだろう」と歌いながら
16→O追加 テロップ「証明終了」
16→D追加
藤井「証明…終了?」
P12
3→D追加「負けだ」
9→O削除
12→変更
葉子「いや…やめ…いやあ。※いやーだー」机をひっくり返す。※
※当麻に抱きつく葉子「あああっ、ああ、陽太」障子を叩く。
※葉子「ああ、ああー流夏さん」日めくりカレンダーを放り投げる。
※当麻に抱きつく葉子「ああっ、紗綾、ああー…」
※葉子「ああ、あああー」仏壇の鈴を何度も鳴らす。

P13
6→D追加
(ノック)
野々村「はい、今出ます」新聞をしまって、水を流す野々村「ああ…」
10〜11→変更
猫にミルクをやっている陽太
当麻「陽太!ミルクあげない!」
陽太「うるさや〜」
※当麻「ケツ向けんなコラァッ」
P14
1〜3→O削除、D変更
子ども達が陽太を取り囲んでいる
子ども達「陽太、陽太」
当麻「オラッおめえら!」
陽太「助けて、姉ちゃーん!」
当麻「一列に並べ!」
子ども達、一列に並ぶ
当麻「名前言え」
下を向く子ども達
当麻「言えっつってんだろ、コラァッ」
逃げて行く子ども達「わああーっ」
陽太、当麻に抱きつく
陽太の頭をなでる当麻
7→O削除
P15
10〜14→変更
O 黒バックに「SPEC 零」の文字
D SPECのロゴに、「結」「天」「翔」「起」のロゴが現れ、最後に「零」が現れる
P16
4→1の前に移動、東京の空撮をバックに
1〜3→O削除
5→追加 テロップ「2009年」
6→○警視庁・公安部長室前
P17
4〜5→「その理由も聞かされたよ。今さら、断われん」O削除
6→「無念です」O削除
9〜10→変更
去っていく野々村に敬礼する近藤
近藤「こんどうこそ入ります」
扉を開ける近藤
近藤「あ、また床に寝ておられ」
13→追加
入山隊長、車から出てくる
入山「チャーリー、ブラボー、速やかに制圧せよ」
P18
1→追加
柳岡副隊長「隊長」
瀬文「隊長!」
瀬文「援護しろ」
厚木「はい」
9→変更「入山隊長に代わり瀬文、指揮をとります!ブラボー3時の方向から。チャーリーは9時の方向。アルファは正面から奇襲をかけ、相手が動揺したら突入!いいな!」(アルファ、ブラボー、チャーリーの説明テロップなし)
P19
4〜8→O削除
P20
5→変更「変な」→「ケバい」
11→「てか」O削除
12→「何で。てか、」O削除
P21
3→変更「うざいよねえ。あっ、あなた、当麻さん?」
7→「FBIの研修を終えて警視庁公安部公安第五課未詳事件特別対策係に着任します」O削除
14→O削除
14→D追加
野々村「いや…まあまあ、あの〜、バスで東京へ出ましょう。それから、地下鉄でご案内いたします。はい。え〜地下鉄は半蔵門線のね…」
P22
7→追加
野々村「こっち」
野々村、守衛に敬礼して「ご苦労様です」
※当麻「えっ」
さらに警視庁外周を進む野々村と当麻
※当麻「えっ」
警視庁外周を進む野々村と当麻
※当麻「ええ?」
警視庁外周を進む野々村と当麻
8→変更
※当麻「え?」
後ろを確認して、野々村、暗証番号を入れる…と思いきや、パソコンのテンキーパッドがかぶさっているだけだった。外して、出入り口を開ける。※当麻に、入れ、入れの身振り。
当麻「ああっ」ヒュー、落下する。
野々村、キーパッドを元に戻して、中に入ると「ああっ」ヒュー、落下する。※

8→追加
看板がある。
外務省→
法務省→
←首相官邸
地下通路を歩いて行く野々村、当麻
野々村「あ、これ、これ、これ(当麻の身分証?を渡す)※うん※
※看板の隣のドアを開ける。未詳、と書かれている。
※野々村「はい、はい」

階段を下りて行く野々村と当麻
階段を下りて行く「B5」「B16」
P23
8→4に移動し、追加「盛り上がるぅ」
P25
9〜10→「いずれ、人類の進化にあわせて残りの脳の領域が目覚めて行くはず」O削除
11→早送りはなし
P26
4→早送りはなし
P27
1〜4→「まあ、昔の未解決事件とかの被害者のクレームを受け付けるのが、捜査一課弐係の仕事なら、僕らの仕事は」「というか、解決しようがないし」O削除
12→変更「そう?だってかわいい子を見て心臓麻痺を起こす人もいれば※ゴキブリを見て心臓麻痺を起こす人もいるし、※うまいものを食い過ぎて心臓麻痺を起こす人もいるよ!」
14→追加「コメ兵」
16→「何すかこれ!」O削除
P28
1→O削除
4→「錯覚錯覚」O削除
P29
4→O削除、D変更「ああ、つった。こむら返り。あ…何でつる、トシでつる、おお〜ビタミン不足か、あっ待った!」
6→変更
※当麻「死体どこ、死体どこ…」
※野々村「いや、ねえ、どこ行くの?」
※当麻「死体どこ」脇にそれる
※野々村「こっち、こっち、こっち」
※当麻「ああ?」
※野々村「こっち」
※当麻「ねえ、どこすか?」
※野々村「こっち、こっち」
※当麻「死体、死体」
※(警官が何人か出てくる)
※野々村「はいはい」
当麻「死体」
野々村「はい」
当麻「死体どこ?死体、死体、死体」
野々村「はい」
先から入山と瀬文が出てくる。二人にぶつかる当麻
当麻「うわっ」
野々村「あっ、あ〜すいません、あっ」
当麻「死体はどこ?死体、死体」去って行く当麻と追いかける野々村
11→変更「下の下」→「下の下の下の下の下」
12→D追加
野々村「あれ?どこ行くの?」
14→O削除
P30
3→O削除、D変更「すいません。あ…つった!」
8→追加「どうして電気つけないの?」
P31
6〜7→変更(マッスルな男)→(青のタイツの犯人、頭はカメラ)
10→追加
当麻「必死に抵抗し、相手の腕や床などをつかんで逃げようとして爪の根元にうっ血痕が残った」
P32
11→D追加「あっ、あ〜、一人にしないでよ〜、あっ、当麻君!」
13〜14→O削除
P33
1→追加
入山「敬礼!直れ!」
7→O削除
8〜9→O削除
10→「突然だが入山君が本日、名誉の負傷で隊長職を勇退された。」O削除
14→削除
P34
1→追加
○警視庁・廊下
歩いている瀬文
2→D追加 太鼓を叩く瀬文
11→O削除
P36
4→変更
瀬文「うるせえっ、謝らねえ!」入山につかみかかる瀬文
入山「何だと!謝らんか!」
瀬文「謝らねえ!」
入山「謝れ!謝れ!※謝れ!※
P37
2→追加 志村・高校生 のテロップ
4→変更 『中学生』のテロップ→美鈴・中学生…… のテロップ
5〜6→O削除
P38
4→D追加
出て行く瀬文に、敬礼する志村
志村「SIT…SIT…SIT!!」
9〜11→O削除
10→D変更 カード→お守り
12→D追加
ニノマエ「イイオッサンヨイフロ ニクヨクシニ」
P39
9→追加
高岡「お連れしました」
11〜14→O削除
P40
1→O「愉快なお方だ」まで削除
P41
4〜6→O削除
P42
8→追加
ディアブロ「追え」
11→D追加
高岡「しみる」
13→変更 資料を読んでいる当麻
P43
3→追加 監視カメラを見つける当麻
10→D追加し、事件現場その②をその③に繰り下げ
○事件現場その②
野々村、右手で「日曜ボクシング教室」の看板を指差し、左手を「なんでだろう」の仕草で動かす。「ん?」
野々村「んっ、んっ」
当麻も左手を動かす。
野々村「んー?んんー?んー?」
監視カメラを見つける当麻
野々村「んん〜…」
P44
1〜2 ボクシングのポスター→具志堅用高握手会&サイン会
3→追加
※左手を動かしながらトイレから出てくる当麻。監視カメラ発見
追いかける野々村「ねえ、ねえ、ほら、いるじゃん、ほら、ほら、こうやって(ボクサーのファイティングポーズ)いる…ねえ」
5→O削除、D変更
事件現場その④ ホテルのホール
左手を動かす当麻
野々村「当麻君当麻君、全て私の言うとおりだ。これが偶然と言えるかね。事件は現場で起きている」
監視カメラを発見する当麻
13→追加 ボクサーのファイティングポーズを取る野々村
P45
7→変更
男「ランボルギーニ・ディアブロだぞ。ディアブロ」
野々村、頭を下げて「はあ」
男「何だ、車係じゃねえのかよ。すいません。あっちみたいっすね」
P46
10→削除
P47
3〜4→削除
P48
2→追加
ニノマエ「ねえどうして飛行機は飛ぶことができるの?」
天「飛行機は前から来た空気を翼で下に流すことで飛ぶことができる」
流夏「飛ぶことができる」(翼の周りの空気の流れのアップ)
天「空気が早く流れることで上面は下面に比べて圧力が小さく」
流夏「小さく」(翼の周りの空気の流れのアップ)
天「逆に下面は上面に比べて圧力が大きい」
流夏「大きい」
天「すると圧力の大きい方から小さい方へと力が働き翼は上へと持ち上げられる」
流夏「持ち上げられる…※クスッ※
天「この力を揚力と言って」
流夏「揚力」
天「そのほかに推力、抗力、そして重力、この4つの力がバランスを取ることで飛行機は飛びつづけることができるんだ」
流夏「分かった?」
うなずくニノマエ
6→O削除
P49
4〜9→O削除
9→D追加
ニノマエ、指を鳴らし、消える。
10→追加
当麻「あー、もうダメ、もう死ぬ」
野々村「はいはいはいはい、はい、ダメよ」
助手席のドアを閉めるタクシー運転手。チェッカース無線。車体にチェック柄の帯。
当麻「あー、腹減った」
野々村「はいはいはい…」
P50
2→追加
武内「ほんと近場っすね」
野々村「ダメですか?」
武内「あ、いや、喜んで」
※野々村「すいません」
※武内「それではメーター入れます」
※野々村「すいません、ああ」
※武内「はい発車しまーす」
※野々村「はい、すいません」

3〜5→削除
6→追加
武内「オレ昔ね、ちょっとギターやってたんすよ。だからうしろにね…」
P51
6→追加
ぼんやりと、炎上する飛行機、父、ミルクをやっている自分、女子高生時代の当麻がフラッシュバックする
P53
6→追加
○道
タクシーとすれ違った車がひっくり返って道路にみかんがこぼれる。
11→O削除
P56
1→当麻、後ろに積んであったギターを手に取ってブレーキペダルを踏む
4〜P57L2→O削除
4→D変更 ○タクシーの中→○道
5〜9→D削除
P57
2→D追加
野々村「どこの人?」
ニノマエ、武内を見る。
武内の顔に赤いキリトリセン。
5→変更
野々村「ガシャ」ケータイでナンシーの写真を撮る
7〜8→「しかし、本当によくぞ助けて下さった。ナンシーさん」O削除
9〜P58L3→O削除
P59
10〜11→O削除
P60
1→「信じたくないけど」O削除
2〜4→O削除
8→変更「(英語)キレイな星空だね」
P61
3→D追加
男の笑い声「(英語)悪夢の館へようこそ」
4〜5→O削除
8→「あたしは知らない」O削除
14→変更
黒づくめの男二人が飛び込んでくる。
格闘し、手下の男を叩き伏せる。
スーツ姿の男、拳銃を突きつけ(英語で)「動くな」
※男(英語で)「俺の権利は?」
男、銃で殺される。
当麻「(英語で)あなたには黙秘権があります(日本語で)あ…ってもう黙れないか」
P62
6〜8→O削除
9→「〜違う。あんただけなんだよ」O削除
9→「それまで」の前に追加
○ナンシーの部屋(回想)
当麻「Happy birthday Nancy!」
当麻「イエーイ!」星条旗をかたどった誕生日ケーキ
ナンシー「(英語)ありがとう当麻!大好き!大好き!大好き!大好き!」ケーキが服にべっとり
※当麻「(英語)ちょっと、痛いって」
※ナンシー「(英語)ありがとう!ありがとう!」
※当麻「(英語)ケーキつぶれてるし」

ナンシー「(英語)ありがとう!ありがとう!愛してる!当麻!」
TVゲームでバスケットボールをするナンシーと当麻。当麻は「京大ジャージ」
※当麻、ゴールを決める「イエーイ!」
ナンシー、SPECを使う「イエーイ!フー!フー!イエーイイエーイ」「(英語)私の勝ち!」
当麻「(英語)あ、スペック使ってズルした」
パイ投げのようなことをして盛り上がる当麻とナンシー
お揃いの帽子を被って寝る当麻とナンシー
P63
11→「私がピュア?」削除
P64
2→追加
ナンシー「(英語)餃子臭っ」
当麻「(英語)あんたもね」
P65
7→追加
地居「そうですよ。当麻はこれからじっくりやればいいんです」
にのまえ「てかさ、僕はまずアニメイト池袋本店のけいおんDVD5※巻目発売記念じゃんけん大会に行かなきゃならないんだよね。何てったって声優の豊崎愛生さんがスペシャルゲストなんだから。待ってろよ〜唯〜※
9→O削除
9→D追加
地居「にのまえさん、にのまえさーん!」
踊り始めるナンシー
P67
3→変更「ホテル」→「公園」
8→変更 文鎮を投げると、金魚の水槽と柿ピーの瓶に入る(文鎮は丸いものを二個、紙の左上と右上に置いてあった)
P69
3〜10→O削除
14→「てか殺すけど」O削除
P70
14→変更「24台」→「25台」
P71
12→削除
P72
13〜P73L1
女「だから、でっかい女の人、ねっ?」
男「でっかいでっかいでっかい」
女「でっかい」
男・女「でっかい」
※警察官「あの!もういっぺん、落ち着いて話してくれる?」
※男・女「でっかい!でっかい!」
※警察官「俺はでっかくねえよ」

P73
3→変更
タクシーで現場に急行する当麻「釣りはいらねえ」タクシーをおりる。
当麻「池田屋、池田屋、池田屋…ああっ、もう、邪魔」キャリーバッグを置いて走り出す当麻
池田屋の看板が見えてくる。
7→「ビッグポークソーセージ」O削除
P74
3→削除
P75
4→変更「私のために…にのまえにトラップを仕掛けたんだ。自分の命を犠牲にして」
5→変更 悔し涙を堪える→悔し涙を流す
10→削除
P76
3→O削除
4〜P77L9→O削除
9→追加
ディアブロ「声がでかいんだよ」
P77
10→追加
クレーンゲームで遊んでいる男女
※女「としやん、もう一個」
※男「うん」

けいおん!のフィギュアをゲットする男
女「すごーい!落ちろ、落ちろ。よし、やったー!」
女「※よいしょ、※もう一回。としや、もう一個」
それを見ているにのまえ
男「いいよ」
女「やったー、じゃあね、次は…」
にのまえ「唯ちゃんいくよ。おっ、来い、来い(平沢唯のフィギュアを捕まえる)あっ、絶対いった…ウッソ!」
P78
3→O削除
11〜12「あんなハシタ金〜」以降、O削除
P80
3〜4→O削除
12→O削除
P81
1〜2→O削除
12→O削除
P82
2→O削除、D変更「生でしょ」
2→D追加
ニノマエ「おっ…フフフッ」
椅子に座るにのまえ
P83
15→変更 柳岡たちが太陽を背にしている
P85
1→変更 ○青山の宝石店
6→変更「おん20万円」→「おん120万円」
P86
7→「君が眠りに落ちる〜」以降、O削除
P87
14〜15→O削除
P88
2〜3→O削除
3→D変更
地居「うん」
……
当麻「アウト」
地居「うん」
地居、出て行く。
5〜6→変更
・外観
ウエイター「いらっしゃいませ、ご案内いたします」
・内部、当麻と地居が食事している。
当麻「ムール(とムール貝を両目に当てる」地居「紗綾」当麻「ムール」地居「紗綾」当麻「オマール(オマール海老を頭に当てる)」地居「紗綾」当麻「ムール」地居「紗綾」当麻「オマール」地居「紗綾」当麻「ムール」地居「さ」当麻「ムール オマール」地居「や」当麻「ムール」地居「さ」当麻「ムール」地居「や」
当麻「次にムール貝が来る確率を計算せよ」
※地居、メモを見る「ムール ムール オマール ムール オマール ムール ムール オマール ムール ムール」
地居「んっ、オマール ムール オマール ムール ムール…」
地居、数式をメモしている。
地居「キター!pm=11は√2π分の1∮0からm分の11x分のeのマイナス2分のlogx二乗乗dx。ムール貝が7つ出たのでmに7を代入すると0.67436だから67.4%の確率で次は(指を鳴らして)ムール貝」
当麻、笑う。
地居も笑う。
※当麻「じゃあ次ね」
※地居「えっ」
※当麻「フォーク」地居「フォーク…フォーク」当麻「ナイフ」地居「ナイフ」当麻「ナイフ」地居「ナイフ」当麻「フォーク」地居「フォーク」当麻「ナイフ」地居「ナイフ」当麻「フォーク」地居「フォーク」当麻「フォーク」地居「フォ」

P90
7→追加
美鈴、靴履いたまま入って来てしまう。
志村「おい、靴脱げ、靴」
美鈴「あら失念」
(三人、笑う)
11〜12→O削除、D変更
志村「ビールはやめろ。メシから食え」
13〜15→O削除
15→D変更
瀬文「まあまあ…うまいぞ、これ。牛だ、牛。和牛だ。国産牛だ」
志村「国産牛っすか?アハハハハハハッ」
瀬文「アハハハハハ」
(三人、笑う)
P91
4〜5→O削除「こんな根性なしの兄ですが〜」
10〜11→変更
瓶ビールを飲もうとする美鈴。
瀬文「ビールはやめろ」瓶を握る瀬文。
美鈴「ん」
瀬文「未成年がコラ」瓶を奪おうとして、ケーキを潰してしまう。
美鈴「あっ」
瀬文「あっ」
美鈴「あたしのケーキ!あっ!もう」と瀬文にケーキを投げつける。
※瀬文「美鈴ちゃんやめろ」と美鈴にケーキを投げつける。
美鈴「ちょっと…あっ、やっ」
瀬文「やめろ、食べ物を粗末にするな」ケーキを投げる美鈴。ケーキを投げ合う瀬文と美鈴※

12〜P92L13→O削除
P93
13→「誰って、何言ってんの!?」O削除
14→D追加「って、待ち受けにしてるんすか?」
P94
4〜5→O削除
6→「無理もないか」O削除
P97
1〜5→変更
野々村「内閣情報調査室のメンバー?」
当麻「石油系メジャー、ジャズフェラー一族の何かを調べていて、家族ごと事故に見せかけ殺されたんでしょう」
野々村「うーん」
当麻「そして、重傷を負いながら一人だけ生き残った上野真帆はジャズフェラーの幹部を次々殺した。残りはディアブロという最高幹部だけ」
野々村「その娘は、ディアブロを狙うかね」
当麻「と〜うぜん」
※野々村「うーん」
7→「助っ人に加わりたい気分です」O削除
14→追加
当麻・野々村「うんっ」
野々村「よしっ」
当麻、椅子を滑らせてリフトに向かう
野々村「待って、待って、あ、あ、つった、※つった…※
※当麻「行っちきまーす」
※野々村「あ、いや、おい」

P98
1→D追加
上野真帆、墓地の入口までやってくるが、段差があって入れない。
足下に花を供える。
P99
2〜5→O削除
13→追加
高岡「はい(無線で指示)」
(次々と景色が変わる)
※野々村「運転手さん、カード大丈夫だよね?」
※運転手「はい」
※野々村「ああ、あっ、それから、領収書分けられる?」

P101
1→D変更
ディアブロ「おお、いい仕込みだな、高岡」軽トラックがある。
高岡「もったいのうございます」
運転席の方から乗ろうとするディアブロ。
高岡「運転されるんですか」
ディアブロ「右ハンドル」そのまま乗り込むディアブロ。
高岡「あ、すいません」助手席側に回る高岡
助手席に乗り移るディアブロ
1→追加
ディアブロ「早く出せ」
高岡「はっ、シートベルトをお願いします」
ディアブロ、なかなかシートベルトが出せない「ああっ…出せほら」
高岡「出発します。行きます…ちょっと」
ディアブロ「何やってんだオラ、出せほら」
動き出していきなり止まる軽トラック。
※ディアブロ「ああっ、何だよおい!高岡!」
※高岡「トルコンじゃないんで」
※ディアブロ「行けほら」
※地下駐車場を出て行く軽トラック

4→O追加
野々村「運転手さん、カード大丈夫だよね?」
運転手「はい」
タクシーのメーター、80200円
野々村「ああ」
5→変更「※何でダッチワイフなんか持ってんだろうな。※…南極二号〜!※フフッ、恐れ入ったか※
7→追加
高岡OFF「このビルを押さえました」
9→追加
ディアブロ「よーし、ヘリを呼べ」
高岡「はっ」
P102
2→追加
真帆「あっ、イッ…イッターイ…」
8→O削除
13→変更「家族の敵」→「御家の敵」
P103
10→「てか、時代劇か」O削除
12→「上等ぜよ」O削除
P104
11→「邪魔立てするな!!」O削除
16→追加
高岡「おまんら、邪魔やき」
P105
2→O削除
P106
2〜3→変更
当麻「誰?」
ニノマエ「あっ、顔だけは動くよ」
当麻、左右をきょろきょろ。
13→「判るかい?」O削除
15→「〜当然出来ると信じているから、できてるのかもね。」O削除
P107
8→削除
P108
10→O削除
P109
4→変更
真帆「※イッタイ…※助けて!※どなたか※助けてください!」
※監視カメラの画像 真帆「お願いします!助けて!あーれー!」
入光芳恵「嬢ちゃん、大丈夫?※お嬢ちゃん…※
真帆「じょ!」心臓をつかむ真帆。去って行く真帆
※監視カメラの画像 去って行く真帆
真帆「※ヘルプ…※ヘルプミー…△助けて△
カーレン・ケレシ「Are you OK?」
真帆「じょ!」心臓をつかむ真帆
※監視カメラの画像 去って行く真帆
※真帆「イッタイ…助けて!あ〜れ〜」
極西渡「大丈夫ですか!」
真帆「えん!」心臓をつかむ真帆。極西「うおっ」倒れる極西。※去って行く真帆
※監視カメラの画像 去って行く真帆
真帆「たん!」心臓をつかむ真帆。三丼吉國「うっ…」倒れる。※去って行く真帆
アジム・ハーシル・ミッタル「大丈夫?」真帆「しお!」アジム「ああ〜!」
真帆「じょ!じょ!えん!たん!しお!」※「叙」「々」「苑」「タン」「塩」のテロップ※
※車椅子に乗り、去って行く真帆。監視カメラの画像 去って行く真帆
P110
5→変更「何じゃそりゃ」
P112
6→O削除
10→O削除
11→「邪魔立てするな!!」O削除
P113
11→追加
野々村、出て行く当麻の後ろ姿に敬礼。
※野々村「あっ、一人にしないで、ねえ…あっ、開かねえ。あっ、引くんだ…ねえ」
P114
4→O削除
12〜14→O削除
P115
5〜6→O削除
8→「ほら、あの娘」O削除
10→「何とかして止めなきゃ」O削除
P116
3〜P117L3→O削除
P117
2→D追加「誰に似たのかな。私よね。ねっ。そうよね?フフフフフ」
12→O削除
P118
4〜10→O削除
9〜10→D削除
P119
(以下、白い女の「しゃっくり」は台本にはない)
7〜9→O削除
14〜P120L2→変更
セカイ「いや、期待かもしれない。あの女のことを考えると心が震える!」
白い女「はあ?ドMかよ。てかドSのくせに」
※セカイ「神はサイコロを振らない。しかしもしたった一度神がサイコロを振ったとしたら、それは当麻が人の子として生まれたことを意味する」
白い女「ガイアの気まぐれも許せねえ…ってことね」
セカイ「今さら許せるか!」
※白い女、たいやきを食う。
空に太陽が2つ並んでいる。
白い女「ねぇ、逆さまじゃね?」
P120
6→削除
P121
11→D追加
高岡「誰か来る!」
P122
13→「ディアブロ。」O削除
P123
1→O変更「オランダ、アムステルダム」
1→D変更「オランダ、ヘルシンキ」
P125
6〜8→O削除
P126
1→O削除
7→追加
ディアブロに駆け寄りキックする当麻
ディアブロ「あっ、痛い。痛い痛い、痛いよ…」
14→O削除
P127
14→追加
ニノマエ「うわあ、微妙なスペック」
16→変更「心臓なくても、ちょっとは喋れる」
P128
2→追加
ニノマエ「いや一生ってもう死んでるし」
6〜7→O削除
10→削除
P129
1〜2→「ダイナマイトにしとけば、まだ何とかなったのに……ね」O削除
6→D追加「てか、僕があっちやそっちに行ってたらどうするつもりだったの?ハッ」
9→追加
当麻「余計なお世話だよ」
ニノマエ「強がっちゃって」
P130
7→O削除
7→D追加
ニノマエ「クソガキで〜す」
13→変更「ジャジャジャジャーン!※ずーっと前から私はここにいる。油断したね、ベイベー※
14→O削除
P131
7→削除
P132
5→O削除
10〜12→変更
当麻「ニノマエジュウイチ、(手錠を自分の左手にかける当麻)逮捕する」ニノマエに手錠をかける当麻
P133
6〜8→削除
11→変更「2010年」
P134
1→変更 会議室→路上
5→「顔をよく覚えておけ」のあと、D追加
瀬文「これがマフィアだ。まず、敵をこのドアへ追い込む」
マッチ棒で作ったマフィアたち。
瀬文「その後、アルファ、ブラボー、同時に突入し、」
マッチ棒で作ったSIT隊員。
瀬文「一気に敵を制圧する。いいな!」
一同「はっ」
9→追加
瀬文「小さく歌え」
一同「♪命捨てます恐くない、街の平和をS・I・T…」
15→O削除
P135
9→変更「総員準備にかかれ!!」→「突入陣形!前進!」
13〜15→O削除
P137
7→O削除
11→変更 指名手配ポスター、「留波庵・座・佐渡衛門」(第1話の)を貼る野々村。テレビからニュース音が聞こえてくる。
12〜P138L1→変更「では、次のニュースです。今日午後1時頃、※江東区港町4丁目にある倉庫で※麻薬密売組織と警視庁の特殊部隊『SHIT』との銃撃戦があり、警視庁の隊員1名が意識不明の重体となっています。銃撃戦は特殊部隊『SHIT』が麻薬取引現場の捜索に入った際に起こり、隊員1名が撃たれて意識不明の重体です。なお、犯人達は全員逃走し、現在も警視庁が行方を追っています。隊員の負傷、そして犯人を全員取り逃がすという失態を犯した警視庁では『市民の信頼を回復することを念頭に置き、犯人検挙と麻薬組織の壊滅に全力を尽くす』とのコメントを発表するとともに、『SHIT』隊の再編成を検討するとしています」
P138
10〜12→O削除
P140
12〜P141L9→O削除
P141
14〜16→「アムステルダム産の〜カエール」O削除
P143
3→O削除
4〜9→変更
当麻「皆さんどうも。ついに」
瀬文「うおおおおっ」
当麻「…1日から、劇場版SPECクローズが全国…」
瀬文「うおおおおっ」
当麻「…系で公開されます。ついに漸爻篇で完結。見どころは…」
瀬文「うおおおおっ」
当麻「…です。お楽しみに。てへぺろ」
瀬文「うおおおおっ」
P144
4→変更「十一月一日 You are 公開 Fuchin’ done」

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。