【アキハバラ@DEEP】大根監督のツイートから

「アキハバラ@DEEP」というドラマをご存知だろうか。
2006年にTBSなどの深夜に放送され、完全版としてDVD化されたドラマで、ジャニーズJr.の風間俊介や生田斗真、星野源といった俳優が出演し、秋葉原を舞台にして6人の若者がアキバのトラブルシューターとして活躍する姿を描いたドラマである。
大根監督が、「アキハバラ@DEEPとモテキについて」という取材を受けたのをきっかけ?に、大根監督が@DEEPについてツイートしている(続き)
要約すると、大根監督は地元モノ的な「IWGP」「木更津」の兄弟作品みたいなつもりが、当のTBSに無視され、作品も素っ頓狂で出来の悪いものになってしまったが、出来が悪い分可愛い、とのことだ。
大根監督も言っているが、自分はこの作品の「若さ」であるとか(あえて若いスタッフを集めて撮ったそうだ)、「現場の乗りで突っ走る感じ」であるとか、ギャグセンスが気に入っている。
今でも何度もDVDで見直す作品だ。あのケースの取り出しにくさには苦労するけど。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。