【SPEC】SPEC 〜翔 〜天(その20)

緑山で行なわれた4日間に渡るバトルシーン。


・19日。スタジオいっぱいに建てられたという「御前会議のセット」とのことだが、何の「御前」なのか。SPEC HOLDERたちの会議なのか。会議場というより、高貴な人物と臣下の謁見場のように見えるが。これが「壮絶なバトルシーン」とどう関係してくるのだろう。
この日の撮影は21時30分頃終了。ここに至って「完成形が見えない領域」とは…
・20日。スタジオでの撮影が続く。ネタばれ危険とは書かれているが、「今日の敵の名前はマダムYANです。年配の方には懐かしい、中華の味。スペックの中身はジュリアナな感じです。お楽しみに」って何のこっちゃ。
・確かこの日は戸田嬢はCMかなにかの仕事をしていたと思うが、当麻が10時過ぎに撮影に合流。忙しいことで…
・ラッシュ編集を見た植田P、面白い、早く見たいと。モニターに当麻らしき人影が
20日の撮影は11:30で終了。スタッフネタが多いのを批判?されているのを、植田Pも気にしているようだ。それにしても早く出演者を発表してほしい。
・21日は、「味方大集合ですが、敵が強すぎる。」というシーンから始まるそうだ。ドラマではほとんど当麻と瀬文だけで戦っていた印象があるが、味方キャラも出てくるのか。何日目だ、と言っているが、三日目だ。
発砲、弾着、吊り、ハイスピードカメラ、風、雪、塩、血糊、特殊メイク、肉片、絶叫、そして、六十年代、七十年代ギャグ。当麻、瀬文、新キャスト達、迫真の演技と、渾身の待ち時間と、これだけ見ていても壮絶さが分かる。というか、これだけやっちゃうと、「結」はもっとすごいことをやらなくてはいけなくなってしまうが、そんな続編制作の道を困難にするようなことを許していいんですかねプロデューサー的に(苦笑)
・植田P的には、このシーンの撮影は大成功を確信しているという。
集合写真の撮影。「翔天がこんなに凄いレベルだと、結の脚本作るのに何年かかるのかなあ」と弱気だが、ドラマシリーズから半年足らずで翔天の脚本が出て来ただけに、期待しているよ。
・22日も朝からスタジオ。今日中に撮りきらなくてはいけない、というか撮りきるまで終わらない、とのことだったが…
CGカットなので出来上がりを想像して「見えない敵」戦わなければならないということになるということで、味方4人で見えない敵に発砲、ん?味方4人?当麻、瀬文と、美鈴はオールアップしてるから、野々村係長、近藤係長、なわけないから、ニューキャラ?まさかまさか、昔言っていた、未詳の新人演じるのがこの人という?なわけないよね。
当麻に異変
・結局、今日中に撮りきれるかどうか、と言っていた戦いのシーンは、19時30分ごろ終わったらしい敵も複数の新キャラが出てくるそうだ。壮絶だそうだ。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。