【SPEC】承ノ回・転ノ回について分かっていること(その3)

アクセスが減ったので盛りだくさんでいきましょう。


・今日(9日)、転の回の美打ち(美術打ち合わせ)と、加瀬亮氏と植田Pの打ち合わせ。
・以前にも書いたが、堤幸彦監督は、映画「はやぶさ」がクランクアップし、現在編集中。(通信教育の大学の)夏のスクーリングに行けないとのブログでの発言有り。
・主演の加瀬亮氏の事務所のTwitterのつぶやきによると、撮影していた映画「東京オアシス」がオールアップし、「そろそろSPECの季節です」とのこと。
植田Pは8日に「とあるキャラクターの中の人の事務所の方と打ち合わせ」とのことだったが、おそらくとあるキャラクターとはにのまえのことだろう。石橋蓮司さん演じる「老人」だったら笑えるけど。
・ちなみに、8日には植田Pがプロデュースを勤める「華和家の四姉妹」の顔合わせや本読みがあったそうで(川島海荷嬢のブログによる)、植田Pも参加したとすると、植田P、とんでもない忙しい日々を送っているのがこれだけでも伺える。
・主演の戸田恵梨香嬢は、2日に出演映画「DOG×POLICE」のクランクアップ記者会見
・台本は、「転ノ回」の決定準備稿(って何?)が入稿
・「承ノ回」に出演するサトリこと真野恵里菜嬢は、平成23年度電波利用環境保護活動のキャラクターに採用。時事ネタとして使われるかどうか。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。