金曜ドラマ「SPEC」第2話【乙の回】 First Impresson(ねたばれ)

今回は、事件そのものにはSPECは関係せず、普通のミステリーという感じもあった。
トリックも犯人も分かりやすかったけど。
むしろ今回、事件が解決してからの方が長かったね。
放送コードに引っかかるというラストシーンは死刑執行シーンのことかな?
なぜ賛否両論になるのか、よく分からない。
桂が死刑が執行されると分かったとたんに取り乱すのが印象的だった。千里眼だと自分では言っていたけれども、それはインチキだったということ。つまり、自分で自分の死刑執行を予知することができなかった訳だから。
そして、少しずつ謎の部分も分かってきた。公安部の津田は、特殊能力者による犯罪を調査しているということ、そして、当麻と一(にのまえ)に過去に接点があったこと、おそらくそれが、1話で当麻が言った「身を以て恐ろしさを知った」ということなんだろう。
しかし、タイトルバックに役名が出ていないから、神木隆之介が「一(にのまえ)」という役名だというのは、ドラマ上はまだ明らかになっていないんだね。
それなのに、第一話の字幕では「一(にのまえ)」という表記になっていた。
このドラマ、字幕を表示させてみるのも面白い。
ケイゾク好きとしては、現場に向かう途中のシーンに、ケイゾク第七話のロケ地が使われていたのがうれしかった。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。