『警視庁いきもの係』最終回、これが『ケイゾク2』でも構わない!?

『警視庁いきもの係』今日最終回であった。
『ケイゾク』を思い出しながら見ていたわけだが、第9話では渡部篤郎さん演じる須藤が「アサクラ」という名前に反応し、『ケイゾク』のサントラの曲『Continuation』が流れるという場面はどう見ても『ケイゾク』のパロディーだったし、最終回では橋本環奈さん演じる薄巡査がリュックの中身を片っ端から取り出すシーンは、『ケイゾク』の柴田を思い出した。「私わかっちゃいました」というセリフも何か聞き覚えがあった。
ラスト2話で、「新興宗教・ギヤマンの鐘」などというのが出てきて、これまでとはぜんぜん違う展開になるのかと思ったら、そうでもなく、犯人が警察官に抱く私怨が動機で、須藤と薄の説得であっさり投降してしまうあたりは、このドラマのゆるさなのかもしれない。
日曜9時のドラマ枠は、廃枠になってしまうが、何かの形でまたいきもの係の面々に会いたいものだ。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。