【訃報】音楽プロデューサー・志田博英氏【ご冥福をお祈りします】

堤幸彦監督のブログで知った。
音楽プロデューサーの志田博英さんが闘病の末、亡くなったということだ。
堤監督のブログにもあるように、この記事のカテゴリーになっているものを含む多くの堤監督作品、そしてそれ以外の作品のMA(音効、音響効果)を手がけられ、堤監督も言うようにテレビ番組のクレジットで彼の名を見ない週はないと言ってもいいくらいだった。
MAというのは、簡単に言うとどのタイミングでどの曲、効果音を出すかを決めることである。
『ケイゾク』の場合どんな作業をしていたかと言うと、見岳章さんが作曲されたサントラを、音源ごとに分解して、時には別の曲を組み合わせて使ったりしていたわけだ。
目をつぶって、『ケイゾク』ドラマを、ヘッドフォンをつけて音だけで聞いて見てほしい。
なんとも不思議な世界が広がっているのが分かるだろう。
そしてそれを成し得たのが、志田博英さんであったのである。
ご冥福をお祈りします。

ディスカッションに参加

1件のコメント

  1. 志田博英君ここ最近テレビドラマに、名前を見かけ
    無く成りました。
    どうしたのだろーググて観ました。ビックリです!
    彼とは、小学校の同級生 仲の良かった友達です。
    あだ名は、ダシ!小学校の時のエピソード、プロ野球
    入団間近の田淵幸一会いたくて学校にはこず、田淵家
    へ、田淵さんは留守でしたが、お母様に今日はもう
    遅いから、泊まって行きなさいと言って頂いたので、
    泊まってから朝そのまま学校に来た事もあったり
    プロレスも好きだった、特にアントニオ猪木の大ファン
    でしたね。クラスの女子OOちゃんOOちゃん好きだ
    毎日本人に言ってて、その子にうるさいと怒られて
    いた。喧嘩もあったね。

    ご冥福をお祈りいたします さよなら ダシ!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。