ドラマ【CRISIS】全てはこのラストのために

ドラマ『CRISIS』最終回を迎えた。
原作が、金城一紀さんで、小栗旬さんが主役級ということで、あの『BORDER』を思い出すのだが、舞台となるのは警視庁公安部公安機動捜査隊特捜班という架空の部署で、政治家を狙った事件、カルト教団といった公安的な事件を扱うのだが、当初から、事件が中途半端な形で終わりを迎えたりする、「後味の悪さ」が話題になっていた。
ドラマの中で、度々、「こちら側」「あちら側」という表現がなされ、「政府=善」ということではないことが強調され、特捜班の人間にも体制を守るための任務を果たすなかで葛藤を感じたり、カルト教団の関係者に肩入れしそうになるなど、「こちら側」と「あちら側」の境界線で悩む姿が描かれた。
そして最終回では、小栗旬演じる稲見のかつての同期が、「あちら側」の人間として特捜班と対峙する。そして、やはり「後味の悪い」形で事件は決着を見るのだが、それをきっかけとしてか、休息を与えられた特捜班が何やら企て始め…と言うところで終わる。
彼らが「あちら側」に転じてしまったことを示唆するラストであるが、「後味の悪さ」も「こちら側」と「あちら側」の差も、全てはこのラストのためにあったようなものだろう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。