結着:ツイートの内容はもう問わない

SPEC公式Twitterによる謎のTweetもこれが3度目である。
ツイートの内容に何か意味を込めてあるというより、謎めいたツイートをすることでSPECファンの関心を持たせようというのが本当のところだろう。
ということで、違う分析をすると、最初の謎Tweetが、4月10日、次の謎Tweetが4月20日だったのに対して、今回は5月5日と、少し間隔が空いているのが気になるところだろうか。だんだんTweetの間隔が伸びていったりするのだろうか。
そして、前はSPECの植田プロデューサーが個人アカウントでツイートした直後にSPEC公式からツイートがあったのだが、今回はそうでない。
植田Pがツイートしたのは4月26日にツイートしたのが下記であるが、こちらの方が意味深である。


繰り返しになるが、『ケイゾク』から『SPEC』まで10年待ったのだから、少しだけ長い目で見守ろう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。