【西荻弓絵脚本】金曜ナイトドラマ『女囚セブン』

金曜ナイトドラマ『女囚セブン』が4月21日から放送される。剛力彩芽さんを主人公に、山口紗弥加さん、トリンドル玲奈さん、平岩紙さん、橋本マナミさん、木野花さん、安達祐実さんと、剛力さんを含めた7人の女囚を中心とした刑務所におけるバトルが描かれる、ということで、刑務所を舞台にした作品ということで、暗くてドロドロした世界になりそうな印象があるが、脚本が西荻弓絵さん、というところに注目したい。
いうまでもないが、『ケイゾク』『SPEC』の脚本家である。
最近作の『民王』も、池井戸潤さんの原作をコミカルな作品に仕上げてしまった手腕の持ち主であり(木村ひさし監督をはじめとする演出家の功績もあるが)、このドラマも一筋縄ではいかないドラマに仕上がることを期待したい。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。