【SPEC】SPEC 〜零 〜結(その18)SPEC〜零〜現場レポート(ネタバレ)

発売中の雑誌、プラスアクトミニ 2013 VOL.21に、『SPEC〜零〜』の現場レポートが掲載されている。
以下ネタバレ。


レポートは当麻のシーンのものと、瀬文のシーンのものが2ページずつ。
まず、当麻のシーンは、帰国する当麻を野々村と地居が迎える、成田空港でのシーンだ。
当麻のファッションは、公式サイトでも明らかになった赤いジャケットとパンツに、赤い羽根つきウエスタンハット。メイクやネイルもきっちり決めている。さらに、全身○○いろのバージョンもあるらしい。○○クロ?
写真を見ると、赤いジャケットでおなじみの「あのシーン」を演じる当麻の姿もあったりして、これがどうやって、『戊の回』の回想シーンにつながるのか、興味深い。
また、野々村に「あの刑事」が渡したメモも、登場する。そこに描かれた当麻の似顔絵は、かつて「あの刑事」が「あの刑事」のイラストを描いて見せたものより、さらに分からないものに。そして野々村の口から「あの刑事」の名前が!…って皆さん分かりますよね(笑)
そして地居も、「すなぎも!うなぎも!」と言われたきもさ、ストーカーぶりを見せているようだ。
瀬文のシーンは以前取り上げたザテレビジョンに掲載されたシーンと同じものだ。
瀬文がSITの隊長を拝命して、SIT副隊長・柳岡(阪田マサノブ)がある設定で訓練をする。そこにある新人SIT隊員も加わっている…って、新人SIT隊員が誰なのか、皆さん分かりますよね(笑)
そこで繰り広げられるのは、アクション。衣装汚し、砂埃、地の利、ジャンプ…そして、『SPEC』史に刻まれるであろう名台詞。
オンエアが楽しみになって来た。瀬文と当麻の掛け合いが見られないのは、残念だが。「あの刑事」が出ないとしたら、もっと残念だが。

ディスカッションに参加

2件のコメント

  1. やはりあの刑事を出すのは難しいんでしょうねー・・・残念です

  2. 漫画版/小説版ではあの刑事が登場してるんですけどね。残念。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。