【朝ドラ】『あまちゃん』駅前デパートの謎

『あまちゃん』早くも第3週に突入したが、相変わらず密度の濃い内容で展開している。
第2週は、何と言っても「ゴーストバスターズ」にやられた。
ヒロイン・アキが「天野アキ」ではなく実は「黒川秋」だったというのも驚きだ。
もちろん、春子とアキが東京に帰るのをやめるに至った微妙な演技は見事だった。
24年間の空白を埋めるために帰って来たというところ…それを、「ただいま」「おかえり」で済ませてしまうところが何とも言えない。
ところで、今日の回(第13話)で気になったところがあった。
観光協会が入っている、「駅前デパート」の看板。
第1話では、「SONY」の「Y」が外れたと思われる「SON」状態になっていた。
しかし、今回、アキがユイに北三陸で暮らすことを告げるシーンでは、「SON」の看板はなくなっている。
それが、大吉が自転車にまたがってアキを待っているシーンでは、「SON」の看板が復活している。
ロケーションの時期が大幅に違って、その間に看板が撤去されたんだろうが、細かい突っ込みでした。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。