SPECとケイゾクを結ぶ謎

「SPEC」は当初、「ケイゾク2」とされ、野々村と近藤というケイゾクの登場人物が出てきたことから、「ケイゾク」の11年後を描いているとされている。
そうだとすると、謎なのが、突然2010年になって、「SPEC」と呼ばれる能力を持った者による犯罪が頻発するようになったのかということだ。
もう一つの謎が、野々村係長の恋人、雅のことだ。
「ケイゾク」では、雅の役名は「醍醐雅」で、昭和56年生まれの17歳だった。ところが「SPEC」では、「正汽雅」で、年齢も20歳でこの二人は別人ということになる。
「ケイゾク/映画」では、泉ピン子演じる妻と別れられずにいたが、「SPEC」でも、弁護士の妻と別れられずにいる。ずっと泉ピン子妻と別れられなかったのか、それとも離婚が成立して「醍醐雅」が司法試験に合格して弁護士になったということか。年齢的に醍醐雅が司法修習を終えて弁護士になるのはぎりぎりのような気がする。
「ケイゾク」を「SPEC」の視点から解釈すると、朝倉の能力が「SPEC」だったという風に、説明することができるだろう。
それ以外では、ケイゾク第5話の「未来が見える男」で、霊能力者・鷺沼が、本物の霊能力者だと言っていた。被害者の居場所を突き止めたのはともかく、真山に向かって「あんたを追っている男が今日殺される」と予言したのは、朝倉と鷺沼につながりでもないかぎり、未来予知ということになる。


2010年になって、「SPEC」を持った存在がこれだけ多数存在するようになったとは、考えられない。
そうだとすると、ケイゾクの頃からSPEC持ちは存在して、何らかの方法でそれが広く世間に知らしめられることのないように何らかの力が働いていたのではないか。そしてその力に対抗する何かが最近になってうまれたのではないか。
…やはり無理がある仮説だ。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。